まち、ひらく。JR津田沼駅南口から徒歩3分の立地で進められている35haのまちづくり。「奏の杜(かなでのもり)」は着実に動き出しています。

新しいまちの様子を伝える「かわら版」 主要な施設が次々に完成し、たくさんの新しい仲間を迎えた「奏の杜」。まちづくり・まち育ての活動報告や楽しいイベントのお知らせ、その他まちの出来事やトピックスなどをどんどん発信していきます。(このページは一般社団法人奏の杜パートナーズが管理・運営しています

まちづくりのテーマ

Landscape 景観

質の高い公共空間の創出を図るため、景観形成に配慮したデザイン性の高い施設整備を行います。MORE

Eco&Green 環境

人と地球にやさしい公共空間の創出を図るため、環境共生やエネルギー利用等に配慮した施設整備を行います。MORE

Security 安全・安心

犯罪や事故の起きにくい安全・安心な公共空間の創出を図るため、防犯性に配慮した公共空間の配置や施設整備を行います。MORE

Area Management エリアマネジメント

土地区画整理事業の完了後においても、事業施行地区を対象として、まちの魅力や価値の維持・向上を図るため、エリアマネジメントを実施していきます。MORE

奏の杜(かなでのもり)について

私たちのまち奏の杜(かなでのもり)は、『健やかな時間ときが息づくまち』の実現を目指し、住民、事業者、行政等、まちに関わる全ての人が一体となり、何事も皆で考え(つくり)、つくりあげたものを維持し(まもり)、時間とともに成長していく(そだてる)ことが大切であるという考えのもと、まちづくり憲章を策定し、まちづくりを進めています。MORE
まちづくり憲章

奏の杜かわら板

一覧はこちら

建物を建築される方へ

「奏の杜(かなでのもり)」では、『景観形成ガイドライン』『防犯環境設計マニュアル』『環境配慮マニュアル』を作成し、建物整備時のルールを定めています。
詳しくはこちらまでお問い合わせ下さい。